素足にパンプス

だから喪女なんだよって言わないで

会社から給料をいただくとか言ってる人

新しい会社に入ってなんとなく感じていた違和感。
それが確信に変わったのがこの一言。

「会社から給料をいただいている」


と、上司が言ったことだった。



学生時代からアルバイトをしたときから今まで、働いてきて
恥ずかしながらなのかもしれないが、

「会社から給料をいただいている」なんて思ったことなんてなかった。


だってアルバイトだった時は、自分の時間を時給1000円くらいで会社に売っていたと思っていたし、
新卒から働きだして、そこそこ仕事できるようになってきたころには

毎月自分の手取りの数十倍の売上を稼いできていて
それを会社に献上しているんだからもっと給料くれ!!!とか思ってた。

前の会社で採用とか人事の仕事を少しやっていて、
労務とかの勉強を少し始めていたりしていていつも考えていることは、

基本的に会社と従業員、労使の関係性っていうのは対等だと思うし、対等であるべきだと思ってる。


だから、「会社から給料をいただいている」なんて言ってる人は
自分の仕事に対して給料分の見合った仕事をしてないと思ってる人以外は言っちゃだめだと思う。


たぶん言った部長は自信の「謙虚さ」とか「会社に対するありがたみ」、「愛社精神」とか
そういう感覚で意図的に言っていると思うんだけど

それが自分の働くという感覚とか意識とかけ離れていて
結構そう思っている人が多くてびっくりした。
そしてそれが当たり前で、「そう思うべき」って思って話してくるのが
正直ちょっと苦痛に思えてきた。


というのも、新卒で入社した会社はアルバイトが多くて、
いきなり配属された店舗には30歳超えたアルバイトとかフリーターとか多いし
自分が学生バイトとしてた時とは違った、
「コイツ大丈夫かよ・・・」
とか思ってた。
しかも若い大卒のペーペーみたいな社員だったからスゲー嫌われてたし

それで人間関係とかでめっちゃ悩んだし、
過敏性腸炎にもなった。

ある日、店舗のマネージャーの研修に行ったとき、
講師から

「他人なんだから分かり合えないという前提でコミュニケーションした方がいい」

みたいなことを言われて、すっごく心が軽くなった。


今の会社は結構大きいとおもう。
色んな人が働いているし、経営者もカリスマだーとかいってもてはやされてる。
よっぽどのことがない限りそんなに簡単につぶれたりとかしないと思う。

でも、会社が大きくなっていく過程で
色んな考えの人がいるわけで、っていうかすぐ隣で同じような仕事をしている人すら他人で
違う考え方とかをもっと許容できるようになってもいいんじゃないかと思う。

さすがに、経営方針とか営業方針と全く違うことしてたらマジやべーなって思うけどw


こういう大きい、あんまり悪いイメージないと思ってた弊社でこういう考え方が多いっていのは
思考が硬直化していく気がするし、なんか残念。