素足にパンプス

だから喪女なんだよって言わないで

好きを仕事にしてたときのはなし

私は2011年に大学を卒業した。
2008年にリーマンショックが起きて、就職活動が大変だったけど
2010年の夏休み直前で内定をもらったのはとある外資系の契約社員のアパレルの店舗社員だった。

ぶっちゃけ、バイトしていた時から販売員とかなりたくないなーって思っていて
でも洋服を買ったり、オシャレするのは好きだったし
とにかく就活で自己分析して自己PR書いて、落ち続ける、ある意味自己の存在を否定され続けることにHPがゼロになっていた自分はその有名でたぶん日本人でもほとんどが知っているブランドの販売員になることを選んだ。

f:id:cucumber24:20180506174215j:plain


まあ、正直なところそんなにすごくやりたい仕事も特になかったんだけど。



最初の1年はすごくつらかった。
当然、土日祝は仕事。
閉店が20時で、退勤できるのが早くても21時前後。

大学のときの友達が減った。


必然的に同じ会社に入った同期としか遊んだり、飲みにいったりしなくなる。
大学生の時に思い描いていた社会人像とかけ離れてた。


全然自分の売上も、店の売上も達成しなくてきつかった。
あと、店長とか先輩とか自分の容姿とか言動とかをイジってくるからそれもつらかった。



入社して1年後、都内の繁華街にある店舗からちょっとだけ郊外の店舗に異動になった。
最初は昔からいるバイトの当たりがきつくてホントつらかった。


私がいた会社はレディースもメンズも両方やっていて、
前いた店舗は売上もお客さんもほとんどが男の人だったんだけど、
異動した店舗は逆でほとんどが女の人だった。


たぶん、相性があっていたのかめっちゃ売上が取れるようになった。
それからバイトの当たりは弱くなった。
もともと郊外の店舗だったから売上目標もそんな高くなくて店の売上もとれた。


それから、接客が楽しくなった。
マネキンの着せ替えを自分で選んだ服でやるようになって楽しくなった。

私と店長しかいなかったから、本社の人と入荷する服のやり取りをやったりして
客層に合わせたサイズとか色とかデザインとか選ぶの楽しかった。


自分の力じゃないけど、客層が変わってできなかったことができるようになったし、
たまたま人が少なくて、ディスプレイも接客のトレーニングも、服の選定も任せてもらえるようになって仕事が楽しくなった。


それでもやっぱり休みは少なかったし、
3年半働いて5日間休みを取って遠方の実家に帰れたのは2回だけだった。
社内の公募で本社のポジションに応募したけど落ちた。
それが出来レースだったって噂できいてなんか悲しくなった。


でも、お店では自分を指名して買ってくれるお客さんが増えた。
名前を覚えてくれるお客さんも増えた。
純粋にうれしかった。



しばらくして、店長が異動になって
前のお店に一緒にいた先輩が来ることになった。
相変わらず、ガンガンイジられた。

楽しかったのに、仕事に行くのがちょっと嫌になった。

年度末の評価をつけてもらったとき、先輩が言った一言が転機だった。


「俺、これまでの店長みたいに優しくないから。昇給ないと思ってたほうがいいよ」


マジで「え?????」ってなった。
一応、その人はめっちゃイジってくるけど、そんな普段パワハラぽいわけではなくて
ちょっと黒めの冗談を言ってみんなを笑わせる人なんだけど、(実際みんなに好かれてる)
私も別に仲が悪いわけじゃなかったんだけど、

これも冗談の一つだと思うんだけど
でもそれ言っちゃだめなヤツじゃないかよって一瞬にして冷静になった。


実はその前から、少しずつ転職活動自体はしていて
レディースだけのブランドにいこうか、とか店長になりたいなとかも思っていて。

でも、アパレルだと給料は今よりも下がっちゃうし、(割とアパレルの中ではよかった)
そもそも休みがなさすぎて、両親になにかあったとき困るなとも思って
土日休みの仕事にしようかとか、いま契約社員だから正社員がいいなとか
色々さがして面接とかしていた。


それから辞めるまでは割と早くて、1か月もしないうちに新しい仕事を決めて、
それから1か月後くらいに辞めた。


親には反対されるかな、と思って(親は団塊世代の公務員)
転職が決まってから報告の電話をしたんだけど

「いいんじゃない?今の会社忙しそうであんまり休めないもんね」

って言ってくれて、意外すぎてびっくりした。



最後らへんの出勤のとき、仲良くしてもらったお客さんにお花とかお菓子とかもらえてうれしかった。笑
でも、

「もうこの店(ブランド)来なくなっちゃうかも」

って言われたのは悲しかった。
販売員って、自分の力で売ることももちろんスキルだけど
ブランドを好きになってもらうためにもいるって思ってたから、
私は販売員としてやっぱまだまだだったんだな、って思い知らされた。


そのあとは、全然違う業界で法人営業したり、いまはちょっと似ている業界で
管理部門の仕事している。
今は好きなアパレルとかの仕事はしていないけど、まあそこそこ。休みも増えたし給料も普通くらい。


8年くらい会社員になって思うことは、仕事って基本楽しくないと思う。
頑張ってるって自分で思っていても、周りが認めてくれなければそれは頑張っていないことになるし、
利害関係がある分、人間関係がややこしくなりがちだし
責任分の給料はもらえないことが多いし
「仕事=楽しいもの」ではないんじゃないかと思う。


だから、耐えられないくらい嫌なことがあったり、仕事で大きく心が傷ついたら
それは転機だと思って新しい仕事を始めてもいいと思う。

よくいう「前向きな転職理由」なんて後付けで作ればいいし、
「逃げ」じゃなくて「転職」でいいじゃん。


仕事は基本楽しくない。しんどい。つらい。
だからできるだけ、自分が好きなものとか興味関心があるものを仕事にしたらいいと思う。






#わたしの転機

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン「りっすんブログコンテスト〜わたしの転機〜」
Sponsored by イーアイデム