素足にパンプス

だから喪女なんだよって言わないで

インターネットと散りゆく

私が初めてインターネットに触れたのは、高校生の時に買ってもらった
ガラケーの携帯電話だった。

f:id:cucumber24:20180806155607p:plain

その時は、LINEがなかったから友達とメールしたり、
学校の掲示板をチェックしたり、前略プロフとかを作ったり、友達のを見たり
ブログを作ったり、友達のブログを見たり。
友達付き合いの延長線上だった。

学校の掲示板はたまに荒れていたけど、別に携帯電話でつながる関係性は
そんなに苦じゃなかった。
むしろ、どこにいてもなんとなくつながっている感じがちょっと安心もしていた。


大学に入ってからも相変わらずそんな感じで、大学の友達とか、バイト先とか
携帯を通してゆるくつながっていて、
さすがに前略プロフはあんまりやってなかったけど、地元の友達のブログとかは見てた。
パソコンも持ってたり、大学でも使ってたけど、インターネットは調べものに使うくらいで
私のインターネットは携帯の中だった。

大学卒業するちょっと前くらいにiPhoneが出て、
ちょっと持っている人を見かけるようになってから買った。
それからTwitterとかFacebookとか始まって、友達とかにも教えてまたつながった。

その中でもtwitterにすごくはまって、今まで関わったことない人のこととか
知ることができたし、今と違ってもっとやり取りできたりしてたから面白かった。

そこで、初めてインターネットだけでつながる人ができた気がする。
今、インターネットで何するとかっていっても
ツイッタ―したり、インスタしたり、ニュースみたり、今こうやってブログ書いたり
人のブログみたり、いろんな人がいて、いろんなことが起きていて
なんか単調だった毎日がちょっとづつ変化していることに気づかされた。

世界とつながる!!!全世界に発信する!!!!

みたいな思いはそんなにないんだけど、(実質的に全世界へ配信しているのだけれど)
リアルの友達がいないこういうところや、twitterとかで好き勝手に色々書けるのは
すごく自由で、インターネットのいいところだと思う。

今は、LINEとか掲示板とか発達しすぎて、なんか今の若い子がちょっとかわいそう。
友達とのつながりの延長線上にあったインターネットの世界でがんじがらめになっちゃって
大変な子もいるんじゃないかな。。。
とBBAはちょっと心配になったりもする。

でも、インターネットの世界は自由だから私はのんびりマイペースに泳いでいきたいな。





今週のお題「わたしのインターネット歴」