素足にパンプス

だから喪女なんだよって言わないで

やっとこの生活にも終わりを告げるときがきた

タイトル通りです。
約1か月前、仕事がつらくて、そうしていたら彼氏に突然フラれ、
メンタルが死んでとりあえず病院に行ったら鬱の疑いありの診断書が出て、
正常な判断力が当時はなく、そのまま会社に提出して休職になりました。

2週間くらいたったら、暇すぎて死にそうになって
特にやることもなく、お金だけ減っていく非生産的な生活を続けていて、
だいぶメンタルも回復していて(そもそも一時的にショックを受けていただけかも)
復職をしたいと病院に訴えるもむなしく、気づいたら1か月もニート生活という自堕落な生活していた。

そして!!!ついに復職証明書がもらえましたーーーー!!
意外とこの道のり長かった・・・


≪復職証明のいきさつ≫

病院で主治医に復職できそうだからしたい旨をつたえる

復職には主治医が発行する復職証明書と会社の産業医面談、必要な場合は休職中の生活記録が必要
生活記録を書いて、普通の生活が出来そうだったら復職証明書出すよと言われる

とりあえず会社に復職できそうだと伝える

産業医面談を設定される
会社から診断書を出せと言われる

やばい、まだ診断書もらってない

とりあえず1週間分の生活記録を主治医に提出
産業医面談あるから復職証明書ください

復職証明をもらう

産業医面談

たぶん大丈夫そうでいま復帰日の設定待ち←イマココ



てか、初診でソッコー診断書出してきて、復職証明出すの結構渋られて草
まあ、2か月くらい休めって出して1か月で元気になってるやんってなんだよって思うよね。

産業医面談では、休職するまでのいきささつと(彼氏にフラれたことは言ってない)
治療の経過、今の生活の状況(会社起きる時間に起きて、昼間何してるかとか、ジムと図書館で勉強してるって適当に言った)、復職にあたって希望することとかあればみたいなことを聞かれました。

あと、2か月って診断出たのにもう元気なの・・・・?って産業医にも怪しまれた・・・w



とりあえず、この無職生活に終わりが見えてきて光がさしてきた!!!

肝心なメンタルは元気なのかというのは、、、聞かないで!!!
私でもよくわからない・・・けど、仕事はできるくらいになったはず!!!!
たぶん・・・・